秋アニメ7話 感想

こんにちは。みやです。

秋アニメ7話のおもしろかったもの3つの感想を書いていきたいと思います。

 

 

無能なナナ

ユウカちゃんがネクロマンサーだと発覚して絶体絶命のナナちゃんでしたがどうにか山の中に逃げ込んで乗り切るために頭をフル回転させます。今回もナナちゃんの作戦がキレキレで面白かったです。焦っている中でも冷静に観察して作戦を立てるのは流石だと思いました。まさか、ユウカちゃんがストーカーでシンジとの仲良しエピソードも捏造したもので火事を起こしてシンジも殺していたと知って驚きました。ユウカちゃんも賢いと思っていましたがそれを上回るナナちゃん流石だと思いました。山に死体が埋まっていたのも何か謎がありそうで面白くなっていきそうです。

 

呪術廻戦

五条先生と特級の戦いが激熱で五条先生の強さが際立ちました。特級の火力も相当高く、序盤であんなに強いのでてきて大丈夫かと思いましたが、五条先生の強さが異常で目が離せませんでした。呪術による領域もバトルの見どころですね。領域展開も無限の説明もわかりやすく虎杖を連れてきてしっかり見学させるあたりしっかり先生しているなと思いました。呪霊の領域もカッコよかったですが、開眼した五条先生の領域もめちゃくちゃカッコよかったです。呪霊の動きも活発になってきて、虎杖も順調に成長していてこれからが楽しみです。

 

魔王城でおやすみ

さらわれたスヤリス姫がまたさらわれて旧魔王城に連れていかれましたね。ハデスに連れ去られても自由に動き回るのはいつ通りと思っていましたが、好き勝手やっているスヤリス姫を見て魔王城の魔族たちがハラハラしているのは子どもを見守る親のようで面白かったです。ハデスも着ているものをほとんどはがされているのに全然気づかなくてポンコツ魔族の仲間だなと思いました。そして、睡魔に出会って眠りのプロから旧魔王城の罠について聞いて、またやりたい放題しますがツッコミ不在の無法地帯で面白かったです。また、マトリックスのような避け方や寝床をつくっているときのキメ顔が良かったです。