「世界遺産検定」世界で最初の世界遺産 自然遺産編

こんにちは。みやです。

世界遺産検定を受けるため、勉強するついでにまとめていきたいと思います。

初めて登録された世界遺産は1978年に12の遺産が登録され、自然遺産は4つ登録されています。

 

イエローストーン国立公園

イエローストーン国立公園|アメリカ|世界遺産オンラインガイド

登録年1978年   登録基準ⅶ、ⅷ、ⅸ、ⅹ

1872年に世界初の国立公園として設立された「イエローストーン国立公園」は、9000㎞という広大な地域にはかつて巨大な火山があり、200の間欠泉や1万以上の温泉が湧く世界屈指の熱水現象の集中地域となっています。

バクテリアの影響で青色をした温泉グランド・プリズマティック・スプリングオールド・フェイスフル間欠泉などで知られています。

200万年前、120万年前、60万年前に大規模な噴火が発生し、最後の噴火時に地面がドーム状に隆起し、このときにできた地表の裂け目からマグマが噴出し公園中心部に巨大なカルデラが形成されました。

イエローストーン国立公園では、「ウェルダネス(手つかずの自然)」という概念をもとに自然環境が維持されています。

 

シミエン国立公園

シミエン国立公園|アフリカ 世界遺産|阪急交通社

登録年1978年   登録基準ⅶ、ⅹ

シミエン国立公園はエチオピア北部のゴンダール州にあり、ラス・ダシェン山(標高4620m)を中心とする国立公園です。

高山、渓谷、1000mもの断崖絶壁が連なるそこは、昼と夜の寒暖差が夏と冬ほどもある過酷な山岳地帯です。

厳しい自然環境に適応し、独自に進化を遂げたゲラダヒヒ、ワリアアイベックス、シミエンフォックスなど多くの固有種が存在しています。

密猟や耕作地の拡大による生態系の破壊が懸念され、危機遺産リストに登録されていました。

 

ナハニ国立公園

ナハニ国立公園|カナダ|世界遺産オンラインガイド

登録年1978年   登録基準ⅶ、ⅷ

サウス・ナハニ川沿い一帯に広がる「ナハニ国立公園」は高緯度のツンドラ地帯でありながら穏やかな気候です。

サウス・ナハニ川流域の圧倒的な渓谷美、標高2972mのマッキンジー山やバージニアの滝など見どころの多い公園です。

 

ガラパゴス諸島

エクアドル】世界遺産「ガラパゴス諸島」の観光ガイド:多様な動物 ...

登録年1978年/2001年範囲拡大   登録基準ⅶ、ⅷ、ⅸ、ⅹ

大小の島々と多くの岩礁からなるガラパゴス諸島はおよそ7880㎢、ガラパゴス海洋保護区は約138000㎢にもおよびます。

ゾウガメやウミイグアナ、フィンチなどが生息しており、植物の3分の1、繁殖鳥類の半数、爬虫類のほぼすべてが固有種と考えられています。